脳梗塞に気をつけよう|脳ドッグで早期発見

医者

医師の評判をチェック

医師

病院の口コミを利用することで医師などもサービスを向上させるよう努力することになるため、近年は利用する人が増えてきています。しかし、高齢者があまり利用していないためまだそこまで普及していません。近い将来はかなり普及すると予想されています。

»詳しく見る

定期検診を受けよう

病室

京都のクリニックで行われている脳ドックでは、MRIやMRAなどの画像検査を行います。複数のコースが用意されており、選ぶことが可能です。脳ドックは、体への負担が少なく、無症状のうちに病変を早期発見出来るとして人気があります。

»詳しく見る

末期がんで効くことがある

男性

免疫治療は自分の血液の中にある免疫細胞を利用する治療法です。この治療法は前期のがんの患者さんにも有効です。治療が難しいすい臓がんの患者さんの生存率が、この治療法のおかげで伸びています。この治療法を受けると、血液中の免疫細胞が増加します。

»詳しく見る

脳ドッグで予防

日常の生活で気を付けることが大事。脳梗塞の予防に関する情報は、専門サイトで紹介されている効果的な方法を試しましょう。

自覚できない血管の狭窄

先生と患者

脳梗塞は多くの場合、突然発症します。しかし、脳梗塞発症の原因となる脳の血管の狭窄は徐々に進行するものなので、脳梗塞は必ずしも突発的に発症する病気ではないのです。では、どうして多くの場合、突然発症してしまうのかというと、脳の血管の狭窄自体に大きな健康被害は現れないからであり、そのため、自覚症状がないまま狭窄が進行してしまうからです。こういった状況ですので、脳の血管の狭窄は進行するものだという認識を持って行動することが大切です。事実、狭窄は加齢とともに進行するものです。但し、不摂生な生活を送っていると進行のスピードは速くなってしまいますので、例えば、バランスが取れた食事をするとか、運動を日常化する等といった健康に留意した生活が大事となります。

検査で確認

そうはいっても、実際、どれくらい脳の血管の狭窄が進んでいるのか分からなければ、中々、健康に留意する生活を送る気にならない人もいます。また、健康に留意していたとしても、効果が現れない場合もありますし、すでに脳梗塞発症目前まで狭窄が進んでいるのならば、健康に留意するだけでは不十分であり、しっかりとした治療を受ける必要があると言えます。そこで役に立つのが、脳の検査です。現在、医療機関では脳を撮影する検査を行っていますので、画像化された情報から脳の状態を詳細まで確認することができるのです。もちろん、脳梗塞以外の自覚症状がない脳の病気の早期発見や発症リスクを知る上でも有効です。この脳の検査は脳ドッグと呼ばれており、多くの医療機関が推奨しています。