脳梗塞に気をつけよう|脳ドッグで早期発見

医者

末期がんで効くことがある

試してみることが重要

男性

免疫治療では自分の血液から採った免疫細胞を培養して、がんの治療に使います。その細胞にはがん細胞を殺す働きがあり、それを体内に入れることで、がん細胞を攻撃します。体内に入れる前は免疫細胞を培養して、増やします。自分の体から取った細胞なので、副作用がほとんどないことが免疫治療の大きなメリットです。手術療法や抗がん剤治療、放射線治療などは多かれ少なかれ副作用があり、その中には患者さんの大きな負担になるものもあります。末期のがんでも免疫治療は有効なことがあり、ほとんど治る見込みのないがんと診断された方が、この療法を受けることで健康状態が回復した例は多くあります。免疫治療は、がんの末期の患者さんが試してみる価値のある治療法です。

治りにくいがんも改善する

免疫治療を使えば、がんも改善することが分かっています。すい臓がんは治療がしにくく、生存率が低いがんですが、免疫療法を使うと末期のすい臓がんの患者さんでもがんの状態が改善します。すい臓がんで転移がある場合は、生存率が下がってしまいますが、この療法を使うと生存率を伸ばすことができます。転移のあるすい臓がんの患者さんでも、免疫治療のおかげで2年以上生存して、がんが小さくなった例があります。免疫治療は、他の療法と併用できるメリットがあります。例えば、抗がん剤治療と併用すると、さらに効果的です。免疫治療を受けた患者さんには共通してみられる特長があります。がん細胞を殺す働きがあるリンパ球が血液の中で増加しています。その増加は長期間続きます。